湘南ワン・レーベン

2019年08月号 vol.4

犬達の熱中症にご注意を

2019年08月04日 09:42 by boulder

高齢や肥満の犬、特に短頭種のブルドックやバグなどは呼吸が上手く出来ない為に熱を逃がす事ができなくなり、熱中症になってしまうことが多いのです。

室内に一緒にいても、少しでも暑いと感じたら、愛犬の様子をよく観察して見て下さい。歩く速度が遅くなったり、寝ている時間が長くなったり、よだれを垂らしている。特に荒い呼吸とよだれが多くなる時は急性の熱中症の可能性もあるので、直ぐに涼しい所に移動させ、水を飲ませ、首回りや体を冷やしてあげてください。その後、必ず獣医さんに診てもらうようにしてください。

この時期は室内飼いが望ましいですが、屋外で飼っている犬達には、「よしず」が熱中症予防に役にたちます。風通しの良い場所に日陰を作って、何時でも新鮮な水を飲めるようにしてあげてください。 

そしてもう一つ、夏には必ず注意して頂きたいことがあります。散歩は日中を避け、朝晩の涼しい時間帯に行ってあげましょう。夏の炎天下の道路の温度は60℃くらいまで上がります。アスファルトの道では肉球が火傷をしてしまいます、また体が地面に近い為に熱中症の原因にもなります。

暑さに弱い愛犬にも快適に夏を乗り切ってもらう為には、しっかりと何かしらの対策を立てておくのは飼主の務めと、愛情です。

友里

関連記事

愛犬の思い出は絵で残しましょう

2019年09月号 vol.8

アネラとの別れ

2019年09月号 vol.7

湘南モールフィルでの譲渡会

2019年08月号 vol.6

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

2019年09月号 vol.7

指が欠けていて瀕死の状態で保護されたアネラ。3本足となっても人にも犬にも優...

2019年09月号 vol.8

思いでの動物をパステル画で再現する事で何時までもあの時の嬉しそうな顔が甦っ...

2019年08月号 vol.6

湘南モールフィルさんにての『幸せ家族探し会』大盛況となりました。皆様家族に...